【ダーマローラー】針の長さのまとめ|痛みやダウンタイム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
             

ダーマローラーについて色々と勉強中。

 
まだ届いていないけど…

 

 
日本のサイトで検索するとイマイチ詳しく納得する結果が出ないので、英語のサイトで調べました。
 
英語は読みと喋りはイケますが、スペルと文法が曖昧なので書けません。

 

 
今回は、

 

 
針の長さについて

 

 
0.25mm
 
効果
シワやニキビ跡の改善は見込めません。
0.25mmのダーマローラーを使うことによりスキンケア製品の経皮吸収が高まります。
 
痛み

 

ほとんどの人が感じません。
血も出ません。
 
ダウンタイムと頻度
24時間ほどで目立たなくなります。
赤みや腫れなどが無ければ一日置きに使えます。

 

 
 
0.5mm
 
効果
浅いシワ、浅いニキビ跡、シミに効果があります。
スキンケア製品の吸収も良くなり、1番使いやすい針の長さです。
傷によるコラーゲンの増え方は中程度。
 

 

痛み
引っ掻かれた程度の痛みがあります。
血は出にくいですが、強く転がすとプツっと血が出ます。
痛みに弱い人は表面麻酔クリームが必要です。

 

ダウンタイムと頻度
2、3日で良くなるでしょう。
カサつきや赤み、腫れが無ければ1週間に一度ダーマローラーを使用できますが、4週間に一度が理想的です。

 

 
 
0.75mm 〜 1mm (1.5mm)
 
効果
深いシワ、深いニキビ痕、シミ、ストレッチマークに効果があります。
スキンケア用品の吸収も高まります。
0.5mmよりコラーゲンが増加します。
 
痛み
痛みに強い人で無ければ表面麻酔クリームが必要です。
血が出ます。
 
ダウンタイムと頻度
ダウンタイムは7日ほど。
頻度は4週間〜6週間に一度。次回は肌が完全に回復してから行います。

 

 
 
1.5mm 以上
 
妊娠線などの体用。
専門家のアドバイスが必要です。
 
 
 
調べていると1.5mmは痛みや出血は増しますが1mmに含めても良いようです。コラーゲンは最高に増えるけど、様子を見ながら進めて行くのが安全だと思います。
 
お肌も人それぞれですもんね。
 
私は0,5mmから挑戦しようと思います。
 
 
まだ届いていないけどね…
 

ダーマローラーの使い方や効果などをまとめました。
記事 まとめ【美肌に自宅でダーマローラー・スタンプ】

 

0.5ミリのダーマローラー
医療用ダーマローラー(Dermaroller)[MC905]

1ミリのダーマローラー
医療用ダーマローラー(Dermaroller)[MC910]

表面麻酔
[エムラクリームジェネリック]プリロックス(Prilox)5%

↑人気のダーマローラーと表面麻酔です。ご参考までにどうぞ。